日刊工業新聞に大洗大貫台事業所の落成式が紹介されました

2013/11/25

newespaper

2013.11.25 日刊工業新聞

茨城県に新事業所 千代田テクノルが落成式

【水戸】千代田テクノル(東京都文京区・山口和彦社長、03・3816・5241)は22日、茨城県大洗町で放射線線量計の新測定センター「大洗大貫台事業所」の落成式を開いた(写真)。式典で細田敏和会長は「顧客にも地域にも喜ばれる施設にしたい」と強調した。来賓の橋本晶茨城県知事は「技術的な発展と営業努力により、国内外で発展する企業に成長してほしい」とエールを送った。

投資額は約45億円。約27万平方メートルの敷地のうち、約5万平方メートルにセル方式の組み立てや測定サービスの事業棟を配置した。営業所やコンベンションセンターも備えた。放射線測定のガラス線量計の組み立てを2014年春にも始める。生産能力は既存施設の約1.7倍の50万個。放射線治療施設などの併設も検討する。