GAMMA Pole
可搬型車両スクリーニング装置

ガンマポール

原子力災害時の緊急防護措置におけるOIL4基準を判定します

ガンマ・ポール

特長

車両スクリーニング

  • 小型車両から大型車両まで測定が可能!
  • 車両速度:0km/時~10km/時において、自動で測定が可能!
  • 測定結果画面より汚染箇所の特定が可能!

野外対応

  • 防滴構造
  • 3電源対応(1.AC100V 2.DC12V(シガーソケット) 3.乾電池)

安心の品質・便利な機能

  • 安心の国内設計、国内製造!
  • 遠隔で結果の確認・記録が可能!
  • 訓練モードの搭載!

仕様

測定線種 γ線
感度 以下の条件で放射性物質の付着(タイヤ接地面約2,000cm2 に40kcpm(120Bq/cm2 :OIL4基準値相当)の一様なI-131が存在する場合)の判定が可能。
・環境バックグラウンド:0.1μSv/h
操作部 全自動計測
手動計測
訓練モード機能(実汚染が無くとも、任意に警報吹鳴可能)
汚染識別 制御装置:点灯表示、警報音
付属タブレット:測定値、文字(正常、異常)表示
警報表示灯:緑、赤の2色点灯表示、警報音(音量:0~105dB程度)
記録 測定終了後、SDカードに測定結果を自動保存
通信 Bluetooth(付属タブレット-制御装置間)
組立 可搬・組立式(2名で組立可能)
使用温度 -20℃~+45℃
構成数 検出部4本(大型車両用)、台座2個、制御装置1台、
車両検知センサ2台、警報表示灯1台、ケーブルプロテクタ1本、
ケーブルアッセンブリ1式、電池ケース1台、専用保管ケース1式
寸法 大型車両用:約110mmφ × 3,900mm
普通車両用:約110mmφ × 2,100mm
重量 検出部約13kg(1本)、台座約16kg(1台)、制御装置約10kg、
車両検知センサ約1.5kg(1台)、警報表示灯約11kg

警報表示灯例・測定画面表示例

お電話でお問合せのお客様 WEBからお問合せのお客様

TOPへ