ガンマ キャッチャー
放射線可視化カメラ

ガンマ キャッチャー

特徴

ガンマ キャッチャー

非常に軽量でコンパクトな放射線可視化カメラです。

ガンマキャッチャーの原理

原理

ガンマキャッチャー 原理

ガンマ・キャッチャーは、散乱体と吸収体による2層の検出器構成となっており、散乱体へγ線が入射した際に発生するコンプトン散乱を吸収体で検出し、γ線の飛来方向を算出することができます。
上記方式により遮蔽物が不要なため、軽量・コンパクトであること、シンチレータを使用しているため高検出効率であり、短時間での可視化が可能なことが特徴です。ガンマキャッチャー原理

仕様

シンチレータ散乱体:24×24× 5 mm×4
吸収体:24×24×10 mm×4
検出素子MPPC(高感度半導体検出素子)
エネルギー範囲30 keV ~ 1.5 MeV
測定対象核種はユーザで任意設定可能。
エネルギー分解能15 % (137Cs 662 keV)
視野角140°
角度分解能14°
対応OSWindows7(64 bit)
カメラ電源PCよりUSB給電
PC電源AC/内蔵バッテリ(約3時間)
重量約2 kg(カメラ)、約4 kg(PC)
動作温度範囲-5℃~40 ℃
保護構造IP65(防じん、防水)
お電話でお問合せのお客様 WEBからお問合せのお客様

TOPへ