被ばく線量が「限りなく0(ゼロ)」になる努力を
会長 兼 社長あいさつ

「放射線の安全利用技術を基礎に人と地球の“安心”を創造する。」 を行動哲学とし、最高のサービスを提供し続けます。

株式会社千代田テクノル代表取締役会長 兼 社長 細田敏和わが社は創業から今日に至るまで、放射線の安全利用・有効利用のためにどのような社会貢献ができるのかを問い続けてまいりました。そして、その答えを導き出すための道標は、「放射線による利益を最大に享受して、放射線による障害を最小にするという社会的な意義の実現」であります。

安全を担保できているか、安心を提供できているか、ということを常に自問するとともに、お客様の声をお聴きし、それを組織で学び継続的な改善を重ね、最高のサービスを提供し続けること、これこそが「放射線の安全利用技術を基礎に人と地球の“安心”を創造する。」というわが社の企業理念に帰結する行動哲学だと考えています。

わが社の願いは放射線による被ばく線量が「X(エックス)=限りなく0(ゼロ)」になることです。そしてわが社の使命は全ての方々の「X」の状態を維持することです。そのために今後も全社を挙げて努力を続けて参ります。

株式会社千代田テクノル
代表取締役会長 兼 社長 細田 敏和

お電話でお問合せのお客様 WEBからお問合せのお客様

TOPへ