放射線業務従事者個人管理システム
ACEGEAR(エースギア)NEO

各種データの一元管理で、法令に基づく個人線量管理をやさしくサポートします。

ACEGEAR NEO

「ガラスバッジ個人線量測定サービス」で求めた測定結果の取り込み、内部被ばく線量の算出・管理などに加え、これまで個別に管理していた健康診断・教育訓練情報などを取り込み、一元管理が可能な放射線業務従事者個人管理システム ACEGEAR NEO。

ACEGEAR NEOならではの特長

  • 小規模ネットワークにも対応
  • 万全なセキュリティ対策
  • 優れた帳票作成機能
  • OSに依存せずインストール可能
  • ご利用ガイド(画面ごとの操作方法や各種帳票の作成手順などをご紹介した取扱説明機能)
  • 放射線管理区域への一時立入者の管理も可能

個人線量・個人情報を一括管理

管理業務の効率を向上させることをコンセプトに

1)個人線量の管理

■外部被ばく線量の管理

ガラスバッジご使用により得られた、放射線業務従事者が受けた外部被ばく線量を管理できます。
ガラスバッジWebサービス※から測定結果データをダウンロードし、本システムに取り込めます。

※当社が提供する「ガラスバッジサービス」のオプションサービス

■内部被ばく線量の管理

空気中放射性物質濃度や作業室立ち入り時間などから、内部被ばく線量が算出できます。
また、内部被ばく線量を指定した従事者に一括登録することで、外部被ばく線量と合算した報告書が作成できます。

2)健康診断の管理

電離放射線健康診断個人票の印字が可能です。血液検査の結果などもExcel形式で取り込み、管理することができます。

3)教育訓練の管理

法令で定められた教育の受講記録を管理することができ、未受講者リストの印字も可能です。

4)ガラスバッジ回収管理機能

ガラスバッジ回収管理機能をご利用の方に、QRコード付きのガラスバッジを作成し、お届けします。ガラスバッジWebサービスでダウンロードしたモニタお届け者名簿を利用し、専用コードスキャナ(別売)でQRコードを読み込むことで、業務の合理化、簡素化を実現します。回収者や未回収者の一覧表や、測定依頼の出力も可能です。

データ作成・活用を支援

管理者の方々の負担を軽減

1)帳票や、報告書用データの作成を支援


期間を指定して、線量の各種統計資料を作成することができます。

2)独自のデータの分析も可能

本システムで管理するデータはすべてCSV形式で出力でき、Excelなどの表計算ソフトに取り込んで独自に分析することが可能です。

3)使用者名の入力手間の軽減

「ガラスバッジ個人線量測定サービス」で登録されたご使用者の個人情報等は、測定結果データ取り込み時に自動的に登録されます。そのため、個人情報等の入力作業の負担を軽減することができます。

 【推奨動作環境】

スタンドアローン構成 Windows Mac
CPU 1GHz以上のx86ビットまたはx64ビットプロセッサ Intelプロセッサ搭載
メモリ 2GB以上のRAM(4GB以上推奨) 4GB以上のRAM
ハードディスク 3GB以上の使用可能なディスク領域 3GB以上の使用可能なディスク領域
ディスプレイ 1360×768以上の解像度のモニター 1360×768以上の解像度のモニター
OS Windows7以上 最新のMac OS

※Linuxやネットワーク内の複数端末からご利用を希望される場合は別途ご相談ください。

お電話でお問合せのお客様 WEBからお問合せのお客様

TOPへ