眼の水晶体用線量計
DOSIRISモニタリングサービス

TECHNOL IRSNお届けしたモニタ(DOSIRIS)をお客様が一定期間使用し、当社がモニタの受けた放射線の量を求め、線量測定結果をご報告するサービスです。

DOSIRIS画像2011年4月、ICRP(国際放射線防護委員会)において、眼の水晶体の等価線量限度がより厳しく定められました。
これによりIAEAから発行されているガイドラインでは、眼の水晶体の評価に対し、可能な限り眼の近くに線量計を装着し、3mm線量当量を測定するように推奨されています。
当社では、IRSN(フランス放射線防護原子力安全研究所)が開発した水晶体用線量計「DOSIRIS※」のモニタリングサービスを開始しました。この線量計は眼のすぐ近くに装着でき、各種防護眼鏡にも対応します。
※DOSIRIS:IRSNの登録商標(国際番号1293046)です。

DOSIRISの特長

  1. 重さはたったの12g
    軽量素材を使用し、装着時の負担を軽減
  2. 防護眼鏡の内側に装着可能
    関節式アームを採用、装着後に検出部を目尻に合わせるなど
    位置の微調整が可能。端部のみのご使用もできます。
  3. 3mm線量当量を測定
    使用しているTLD素子は「7LiF:Mg,Ti」
    厚み3mmのポリプロピレン製カプセル内に組み込まれています。

DOSIRIS装着例

DOSIRISの仕様

商品名 広範囲用DOSIRIS
モニタ種類 LA型
測定線種 X・γ線、β線
エネルギー範囲 X・γ線、β線:25keV~1.25MeV
β線:0.8MeV(平均エネルギー)
報告線量範囲 3mm線量当量:0.1mSv~1Sv

DOSIRISモニタリングサービスフロー

DOSIRIS画像DOSIRISはGBキャリー(緑色のカバン)でお届けします。
ご使用期間が終了したDOSIRISはコントロールと共にご返却ください。
DOSIRISご返却後は報告書※をお送りいたします。

※モニタとはDOSIRISを意味します。
※報告書について:日本国内の法令で3mm線量当量を用いた等価線量の評価について記載がないため、報告値は、ガラスバッジ測定値との比較や、遮蔽計算の妥当性確認などの参考としてご利用ください。

お電話でお問合せのお客様 WEBからお問合せのお客様

TOPへ