放射線管理代行業務について

2017/6/29

1.事業概要

初めて放射線業務従事者(放射線管理区域内に立ち入り、かつ、取扱等業務に従事するもの)になる方および継続して放射線業務従事者になる皆様の放射線管理業務の一部をお手伝いさせていただいています。

写真

1-1 放射線管理区域内で放射線作業に従事する条件

  1. 作業者は、放射線業務従事者として登録されていること。
  2. 作業者は、法律に定める項目についての放射線安全教育を法律が定める規定時間以上受講していること。
  3. 作業者は、特殊健康診断(電離放射線健康診断)を法律が定める期間内に受診しており、かつ、その結果について異常がないこと。
  4. 個人線量当量の管理は、作業者の所属している登録事業所側で個人被ばく線量計を用意し、責任を持って管理すること。

1-2 弊社が代行する業務範囲

上記の条件を満たすため、放射線取扱主任者(以下「主任者」)による教育および被ばく歴の調査、また健康診断の受診手続き等が必要になります。
主任者が在籍していない場合、もしくは在籍していても放射線管理業務を行わない場合、弊社は、以下にあげる代行業務を実施させていただきます。

2.主な受託業務範囲(有償)

2-1 放射線安全教育

  1. 新規教育(入所時教育)
    初めて放射線業務従事者として作業される方および前回受講日より1年を超えた方
  2. 再教育
    過去に放射線業務従事者として作業経験があり、前回受講日より1年を超えない方
  3. 詳細
    icon_pdf 放射線安全教育実施要領(PDF)

参加申込みフォーム


以下の項目は高エネルギー加速器研究機構(KEK)、理化学研究所播磨事業所、J-PARCで作業される方を対象としています。

2-2 放射線業務従事に伴う個人被ばく線量モニタリング

使用する測定器:ガラスバッジ
装着期間:1か月間(当該月の初日より末日まで)

費用および詳細は、放射線安全教育事務局までお問い合わせください。

2-3 電離放射線健康診断受診のお手続き

放射線業務に従事し管理区域に立ち入る労働者に対して、雇い入れの際または当該業務への配置替えの際、および初回受診以降後6か月以内ごとに、定期に次の項目の健康診断を実施しなければなりません。

つくば地区において、電離放射線健康診断を受診希望の方は、提携の医療機関をご案内します。費用および詳細は、放射線安全教育事務局までお問い合わせください。

2-4 放射線業務従事者登録申請書発効のお手続き

放射線取扱主任者が在籍していない場合もしくは在籍していても放射線管理業務を行わない場合、お客様が各施設に提出する下記の書類について、お手伝いをさせて頂きます。

高エネルギー加速器研究機構(KEK)

  • (様式第9号)外来者放射線作業従事願
  • (様式第10号)外来放射線作業者個人管理登録票・業務従事者認定証明書兼放射線作業従事承諾書
  • 外来者放射線安全教育受講申込書兼記録票(弊社にて放射線安全教育受講された方)

理化学研究所播磨事業所

  • 放射線業務従事者登録申請書

費用および詳細は、放射線安全教育事務局までお問い合わせください。

3.受付・お問い合わせ先

株式会社千代田テクノル (東京営業所内)
放射線安全教育事務局(担当:平田 真紀)
Tel:03-3816-2931   Fax:03-5803-1935
E-mail: radiation-edu@c-technol.co.jp